1冊でわかる美術史を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数382
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    歴史文化美術地域問題変化生産価値観視覚

    代表キーワード

    歴史美術史

    資料紹介

    美術史学は、美術作品の分類や解釈などを中心課題として扱ってきたが、その取り組み方は時代とともに変化してきた。伝統的美術史学は、時代と様式を強調し、西洋の美術的生産物に焦点を絞るものである。しかし、美術は様々な地域で生産されてきたのであり、時間軸は何本もあるといえる。このように、地域によっていくつもある美術史の中から、西洋の美術史だけを研究する学問であるとすれば、それは公平なスタイルとはいえない。美術作品を主題や時代のみによって分類することや西洋にのみ偏重することなく、非西洋の文化にも目を向けるためには、歴史の様々な時代、様々な文化の作品を見ることが大事だと考える。そこで、美術を見、それについて書くための新しい方法が模索される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テーマ:「一冊でわかる美術史」(ダナ・アーノルド著)を読んでの感想を1200字程度でまとめる。
    文字数:1150~1200文字
     美術史学は、美術作品の分類や解釈などを中心課題として扱ってきたが、その取り組み方は時代とともに変化してきた。伝統的美術史学は、時代と様式を強調し、西洋の美術的生産物に焦点を絞るものである。しかし、美術は様々な地域で生産されてきたのであり、時間軸は何本もあるといえる。このように、地域によっていくつもある美術史の中から、西洋の美術史だけを研究する学問であるとすれば、それは公平なスタイルとはいえない。美術作品を主題や時代のみによって分類することや西洋にのみ偏重することなく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。