足浴手順(座位・仰臥位)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数4,397
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    障害運動方法温度治療神経呼吸循環看護足浴

    代表キーワード

    看護足浴手順

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    足浴
    皮膚の機能
    保護作用:体の内部を保護する
    触角作用:触角・温覚・冷覚・痛覚など
    体温調節作用:発刊などによる身体の熱放散を防ぐ
    呼吸作用:皮膚呼吸(肺呼吸の1%程度)
    分泌作用:皮脂腺からの皮脂、汗腺からの汗によって表面の柔軟性を維持
    吸収作用:皮脂などの脂肪分を除くと、角質層の酸性度が低くなり、表皮は吸収             しやすくなる
    目的
    足部の清潔を保つ
    血液循環をよくする
    入浴したような爽快感が得られる
    リラクゼーション効果がある
    入眠を促す
    効果
    抹消の循環を良くする
    清拭に比べ清潔にする効果が大きい
    入浴できない患者にとっては、湯の温かさを直接体で感じることができるために、気持ちよさ、精神的安らぎが得られる
    薬液を用いることによって、皮膚の疾患や創傷の消毒・治療の効果が期待できる
    部分浴は患者や家族に容易に受け入れられるために、スキンシップを通してのコミュニケーションの場となる
    血栓溶血関連因子を増加させるため、血栓予防効果があるとも考えられている
    適応
    足に汚れがある患者・入浴ができない患者・リハビリテーション前の患者・寝つきが悪い患者
    注意事項・留意点
    空..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。