アメリカ文学史 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数845
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格リポートです。

    課題 前半でchapter 3の概要をリポートをまとめ 後半でIrvingとCooperの作品をそれぞれ実際に読んだ作品感想をまとめる 【あくまで課題は考察解釈等ではなく個人の感想なので、本レポートでは後半の内容を割愛しています】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    概要
    独立戦争以前のアメリカでは、小説は書かれることはなかった。アメリカ人清教徒の中で小説は若者のモラルを損なうものとしてみなす風潮が根強くあったからである。しかしながら、清教徒作家John Bunyanらの活躍による英国での小説人気により、アメリカでも小説は徐々に一般的なものへと変化していった。
    18世紀の独立初期になると、一般アメリカ人の口語で書かれた小説が多く執筆されるようになる。しかし、依然として小説は好ましくないものと見なされがちであったため、主に道徳的・宗教的な物語が書かれた。Susanna Bowsonは著書で罪に引き寄せされる若い女性の悲劇の道徳物語を執筆し、Huge Henr..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。