異なる床材が高齢者の障害物またぎ動作に与える影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数253
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    異なる床材が高齢者の障害物またぎ動作に与える影響
    <背景>
    高齢者にとって転倒は、致命的な傷害を引き起こす可能性があるため重大な問題の1つとなっている。厚生労働省2003年発表の「人口動態統計」によると、家庭内における不慮の事故死亡率の第3位は転倒・転落である。高齢者における転倒の原因の1つに障害物へのつまずきがある。また、その要因には履物・床材などの「外的要因」がある。日本において家庭内転倒発生場所の約70%を占めるといわれている居室空間は、和室と洋室が混在していることが多く、床材には様々な種類がある。Simpsonら(2004)の研究によると、床環境の違いによって転倒の発生率が異なり、じゅ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。