乳幼児の虐待について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数362
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境福祉日本情報子ども児童発達虐待幼児児童福祉

    代表キーワード

    環境

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       乳幼児の虐待について
    <はじめに>
    近年、乳幼児をはじめ児童虐待の件数は急増し、国においても児童福祉法の改正、児童虐待防止法の制定など、その対応に追われているのが現状である。
    ここでは、虐待を受けた乳幼児に対する対応、特に一時保護や措置入所の受け皿となっている乳児院の役割と問題点について検討したい。
    Ⅰ小児虐待の実態
     厚生省によると、全国の児童相談書における虐待相談件数は、平成2年の1101件から平成11年度には11631件と10倍に急増している。この数字は児童相談所にて受け付けた虐待に関わる相談件数であり、実際には、これよりはるかに多い件数が存在していると推定されている。
     年齢分布..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。