仮想空間ビジネスについての研究(卒業論文)

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数30
閲覧数1,646
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1流私立大学経済学部の学生が書いた卒業論文。
    最新のインターネットビジネスである仮想空間に焦点を当て、セカンドライフなどの事例を用いながら今後のインターネットビジネスについて書かれている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    〇〇〇〇大学経済学部経済学科
    20× × 年度卒業論文
    仮想空間ビジネスについての研究
    ××ゼミナール
    × × 教授
    論文執筆者 〇〇〇〇
    <目次>
    第 1 章 仮想空間ビジネスの成り立ちについて
    第 1 節 仮想空間の定義とは
    第 2 節 仮想空間サービスはどのように発展してきたのか
    (1)ウェブにおける「社会性」の発展
    (2)「社会的情報性と空間性」の発展
    第 2 章 仮想空間セカンドライフとはどのようなものか
    第 1 節 環境自由度とアバター自由度
    第 2 節 データから見るセカンドライフの現状
    第 3 節 セカンドライフの社会的な役割について
    (1)時代の役割
    (2)SNSとしての役割
    (3)メディアとしての役割
    (4)自己表現ツールとしての役割
    第 4 節 仮想空間はバーチャル経済として成立するのか
    第 5 節 ビジネスとしてどのように活用していくのか
    第 3 章 進化する仮想空間ビジネスについて
    第 1 節 新たなサービス
    第 2 節 アイデンティティとしてのアバター
    第 3 節 カーソルとしてのアバター
    第 4 章 結論..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。