S0104 教育方法学 第2設題 佛教大

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数290
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0104 教育方法学 第2設題
    『現在は情報社会さらには知識社会と呼ばれているが、その社会にあっては知識を扱う教育はきわめて重要である。基礎基本の学力と教育格差と経済格差との関連について論ぜよ。また格差問題を解決する上で教育方法はどのようにあるべきか。』
    現代の社会は「情報社会」とも、「生涯学習社会」ともいわれ、さまざまな情報にアクセスする機会や、教育を受ける機会は、これまでのどの社会と比べても格段と広がっている。もはや学校だけが教育の場ではない、という認識は、すでに私たちの間で常識となっている。国が全国一律の基準を定めて、どの地域の学校でも、同じような内容と、同じようなレベルの教育を実施させてきた従来の仕組みを変えて、それぞれの地域と学校の意欲を引き出し、特色ある、個性的で創意工夫に満ちた教育活動を実施させていく仕組みへと、転換がいまはかられている。
     知識社会では高度な専門知識を身につけた人が活躍し、知識管理をすることが重要となるなどが知識社会の「常識」として、しばしば語られている。しかし、現代の発達した情報化社会により、学習者の興味関心、すでに習得している知識が多様化しているだ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。