S0101 教育原論 第1設題 佛教大

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数133
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0101 教育原論 第1設題
    『ペスタロッチーの教育学(直感の原理など)について考察せよ』
    まず初めに、ペスタロッチーの生涯を見て、彼の教育がどのようになされていたかを考察する。一つめに彼の教育に大きな影響を与えているのは、彼が母子家庭の中で育ったと言うところにあると考える。ペスタロッチーの教育理念、経緯の全体を見たところ、子どもたちに対して、大きな愛を以て接することが彼の教育の信念だと私は考える。祖父の影響で始めた救済活動、貧民院や、孤児院、農場の設立。どれも広大な愛なくしてはできないことである。救済事業を始めたのも「祖父が貧しい人々の救済のために働いているのを見て、祖父と同じく牧師となり宗教的信仰を持って救済事業にあたる」とあるが、これはただのきっかけであり、母親の全身全霊の愛によって育てられたことが大きく反映していると私は考える。大きな愛を知っているからこそ、愛を教えることができるのではないか。そんな私の視点を織り交ぜて、彼の教育理念を考察していこうと思う。
     最初は教育の原理、有機的・発生的教育方法から見ていく。生まれたときはみな白紙であるという、ロックのタブラ・ラサ説とは異..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。