『外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠』(CEFR)における理論的背景

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数439
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヨーロッパにおける外国語教育で広く参照されている『外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠』(CEFR)の中核をなす「第二章 CEFRの理論的背景」を要約した。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠~第二章 CEFRの理論的背景 まとめ
    0.はじめに
    ヨーロッパにおける外国語教育で広く参照されている『外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠』(CEFR)の中核をなす「第二章 CEFRの理論的背景」を要約した。なお、CEFRの訳として『外国語教育〈2〉外国語の学習、教授、評価のためのヨーロッパ共通参照枠』(吉島 茂 (翻訳), 大橋 理枝 (翻訳)、2004年、朝日出版社)を参照した。
    1.行動中心主義
    <言語使用と学習の形に関する記述>
    言語の使用というとき、言語学習をも包括して考える。これは人によって遂行される行為の一部である。人は個人としてまた社会的存在として一連の能力(competences)を持っているが、それには一般的能力(general competences)と、特別なものとして、コミュニケーション言語能力(communicative language competences)の二者がある。そして、各自が利用できる能力を使いながら、さまざまなコンテクストで、さまざまな条件(conditions)下で、さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。