国語(日本語)の判断文(所謂コピュラ文)について

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数493
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    日本国語日本語コピュラ文問題言語課題分類考察

    代表キーワード

    国語言語

    資料紹介

    日本語学(国語学)で従来あまり論ぜられてこなかった判断文(繫辞を用いた所謂コピュラ文「~は~だ」)について、先行研究を踏まえつつ考えてゆきたい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    国語(日本語)の判断文(所謂コピュラ文)について
    「甲ハ乙ダ(デアル)」という表現形式は一般に日本語のコピュラ文として扱
    われ、コピュラ文の枞組みにおいて研究されることが多かった。「甲ハ乙ダ」と
    いう表現形式には大きく分けて次の二種類がある。
    イ、 甲と乙が等価の関係にあるもの。
    例)コノ大学ハ東大ダ。
    ロ、 甲と乙が非等価な関係にあるもの。(乙の領域は甲より大きい。
    故に甲=乙とはならない)。
    例)彼女ハ歌手ダ。
    歌手ハ歌ヲ歌ウ人デアル。
    イとロは、等価・非等価という形で対立をなすものであり、有標・無標によっ
    て分けたものである。また、乙に対し連体修飾がある場合、多くは次のような
    傾向がある。
    イに対する連体修飾は多くの場合、非限定的。
    例)コノ大学ハ日本デ学術ノ最高水準ヲ誇ル東大デアル。
    ※この例では、最高水準の東大とそうでないその他大多数の東大を
    想定して、最高水準の方といっているのではなく、目の前の東大
    に対する描写として「日本デ学術ノ最高水準ヲ誇ル」という連体
    修飾部が機能している。
    ロに対する連体修飾は多くの場合、限定的である。
    例)彼ハ優レタ医者ダ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。