[レポート]Z1104教育社会学 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数257
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学歴社会というと、企業等において就職や昇進といった場面で、当人の出身学校等を重視し、本質的な能力や資質等を考慮せずうわべの勉学が出来るかどうという部分のみで評価をする社会というイメージがあり、あまり良いイメージで語られる事は多くなかったのである。しかし現在では例え一流大学を卒業したところで一流の就職先が確保されているわけでもなく、昇進どころかリストラの対象になるなど、学歴社会は崩壊への道をたどっているのである。本論ではこの学歴社会がどのように誕生し、教育界にどのような役割を果たしてきたかを明らかにし、今後どのように変化していくかを考察していきたいと思う。

    第1章:学歴社会とは
     学歴社会の定義もしくは意味合いとしては、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」というような社会を意味する言葉であるといえる。ここで重要な事は「学歴社会≒教育を重視する社会」という点である。教育を重視する事は世界中の国を見ても最重要課題になっているが、すべての国で学歴社会になっているという現状は存在しないのである。この事からも学歴社会とは、教育を重視するという意味以上の物が含まれていると考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。
     学歴社会というと、企業等において就職や昇進といった場面で、当人の出身学校等を重視し、本質的な能力や資質等を考慮せずうわべの勉学が出来るかどうという部分のみで評価をする社会というイメージがあり、あまり良いイメージで語られる事は多くなかったのである。しかし現在では例え一流大学を卒業したところで一流の就職先が確保されているわけでもなく、昇進どころかリストラの対象になるなど、学歴社会は崩壊への道をたどっているのである。本論ではこの学歴社会がどのように誕生し、教育界にどのような役割を果たしてきたかを明らかにし、今後どのように変化していくかを考察していきたいと思う。
    第1章:学歴社会とは
     学歴社会の定義もしくは意味合いとしては、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」というような社会を意味する言葉であるといえる。ここで重要な事は「学歴社会≒教育を重視する社会」という点である。教育を重視する事は世界中の国を見ても最重要課題になっているが、すべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。