情報通信ネットワーク論 情報漏えいの防止策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数551
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    企業及び個人レベルで見てもコンピュータの普及率は高い数値に来ている現在において、企業の利益に関わる情報や個人情報といった機密性の高い情報もコンピュータで管理される事がほとんどである。そこで今回の論文では近年相次ぐ情報漏えいに関する問題に焦点を当て、過去の事例も参照し問題を分析しつついかに情報漏えいを防いで行くかを具体的な対策方法等をネットワーク管理者の立場に立って論じていきたいと思う。

    1章:情報漏えいとは
     まず情報漏えいとは、内部の機密情報等が何らかの形で外部に流出してしまう事をいう。近年においてこの情報漏えいが大きな問題になってきた背景には、企業・個人においてもコンピュータが広く普及した点がある。コンピュータが広く普及したことにより、機密性の高い情報がコンピュータでデータ管理される事が多くなり、更にそのコンピュータがネットワークに繋がれる事でデータがネットワーク上に流れてしまい、広く流出してしまう事になりうるのである。その他の要因としては、データを扱う個人の意識の低さから漏えいするケースもあるが、それらについても過去の事例も参照しつつこの後に論じていきたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報漏えいを防ぐためにはどうしたら良いかを、ネットワーク管理者の視点に立って過去の具体的な事例を例に挙げながら論じなさい」

     企業及び個人レベルで見てもコンピュータの普及率は高い数値に来ている現在において、企業の利益に関わる情報や個人情報といった機密性の高い情報もコンピュータで管理される事がほとんどである。そこで今回の論文では近年相次ぐ情報漏えいに関する問題に焦点を当て、過去の事例も参照し問題を分析しつついかに情報漏えいを防いで行くかを具体的な対策方法等をネットワーク管理者の立場に立って論じていきたいと思う。
    1章:情報漏えいとは
     まず情報漏えいとは、内部の機密情報等が何らかの形で外部に流出してしまう事をいう。近年においてこの情報漏えいが大きな問題になってきた背景には、企業・個人においてもコンピュータが広く普及した点がある。コンピュータが広く普及したことにより、機密性の高い情報がコンピュータでデータ管理される事が多くなり、更にそのコンピュータがネットワークに繋がれる事でデータがネットワーク上に流れてしまい、広く流出してしまう事になりうるのである。その他の要因としては、データを扱..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。