情報通信ネットワーク論 LANの構築、TCP/IPの利便性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数627
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    現在のコンピュータネットワークにおいて、LANの構築とその通信プロトコルとしてTCP/IPを用いる事は当たり前の事となっている。よってこの2点を理解する事は現在の情報通信ネットワークの特質を理解するために必須の事である。そこで本論ではこれら2点の利便性・問題点を中心に論述していきたいと思う。

    1章:LAN構築による利便性
     まずはLAN構築による利便性について述べていきたいと思う。まず1つめはデータの共有である。LANを構築せず単体で稼働するコンピュータ、所謂スタンドアローンのコンピュータからデータを移動しようと思うと、データを記憶媒体へと書き込んでから移動先のコンピュータまで持っていくといった流れになる。これがLANのある環境になると、わざわざコンピュータまで移動することなくネットワーク上でのファイルの交換が出来る様になり、作業効率の向上と記憶媒体削減といった効果が得られるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「LANを構築することによって得られる利便性と問題点、およびその通信プロトコルとしてTCP/IPを採用した場合の利便性と問題点を具体的に述べなさい」

    現在のコンピュータネットワークにおいて、LANの構築とその通信プロトコルとしてTCP/IPを用いる事は当たり前の事となっている。よってこの2点を理解する事は現在の情報通信ネットワークの特質を理解するために必須の事である。そこで本論ではこれら2点の利便性・問題点を中心に論述していきたいと思う。
    1章:LAN構築による利便性
     まずはLAN構築による利便性について述べていきたいと思う。まず1つめはデータの共有である。LANを構築せず単体で稼働するコンピュータ、所謂スタンドアローンのコンピュータからデータを移動しようと思うと、データを記憶媒体へと書き込んでから移動先のコンピュータまで持っていくといった流れになる。これがLANのある環境になると、わざわざコンピュータまで移動することなくネットワーク上でのファイルの交換が出来る様になり、作業効率の向上と記憶媒体削減といった効果が得られるのである。
     そして2つ目はハードウェアの共有である。例えば..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。