T0342 情報社会論 第二設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数325
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    第1章:情報化とは
     情報化とは、情報が諸資源等と同等の価値を有し、その情報が社会の中心となって機能する社会に変化していく事を指しているのである。この情報化の始まりといえば1960年代に産業において工業社会から情報社会へと変化するべきであると様々な方面で論じられた事に始まる。その後の80年代~90年代においては、ニューメディア論に代表されるようなマルチメディア産業が活発となり、それと並行するようにネットワークを介してコンピュータが使用される機会が増え、高度情報化社会とも呼ばれるようになったのである。そして情報化の流れは産業面だけにとどまらず、地域の政策や家庭・個人の生活の面においても進んでいくのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    情報化と情報行動について論じなさい。
    第1章:情報化とは
     情報化とは、情報が諸資源等と同等の価値を有し、その情報が社会の中心となって機能する社会に変化していく事を指しているのである。この情報化の始まりといえば1960年代に産業において工業社会から情報社会へと変化するべきであると様々な方面で論じられた事に始まる。その後の80年代~90年代においては、ニューメディア論に代表されるようなマルチメディア産業が活発となり、それと並行するようにネットワークを介してコンピュータが使用される機会が増え、高度情報化社会とも呼ばれるようになったのである。そして情報化の流れは産業面だけにとどまらず、地域の政策や家庭・個人の生活の面においても進んでいくのである。
    第2章:産業の情報化
     産業の情報化の代表的な例として挙げられるのは、コンピュータの進化更にそれらのオンライン利用による生産性の向上や、BS・CS放送・地上デジタル放送・CATVといった多チャンネル放送の実施、映画・アニメ・ゲームといったメディアコンテンツの普及等が挙げられる。
    第3章:地域情報化政策
     地域情報化政策とは各地域に情報メディアや情報..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。