T0715 情報ビジネス A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数340
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近年メディア産業はパソコンや携帯電話等を通して利用するインターネットの普及によって状況が大きく変容してきている。そこで今回は数あるマスメディアの中から、歴史が古く現在においても国民の情報収集手段として広く用いられている新聞に焦点を当て論じていきたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「マスメディアの中から一つだけを選択し、その産業の歴史的な変容や文化への影響、今後の可能性、そして課題について、具体的な事例をあげながら私見を記せ。」

     近年メディア産業はパソコンや携帯電話等を通して利用するインターネットの普及によって状況が大きく変容してきている。そこで今回は数あるマスメディアの中から、歴史が古く現在においても国民の情報収集手段として広く用いられている新聞に焦点を当て論じていきたいと思う。
    1章:新聞の始まり
     新聞の定義として、内容において社会の出来事について事実や解説を広く伝え、形態においては定期的に刊行され製本されていない媒体といえる(1)。
     そうした定義の基、1605年に世界初の新聞として創刊されたのがヨハン・カルロスによる「Relation」が発行されたことに始まり、16世紀にはヨーロッパにおいて社会の出来事を記述したパンフレットやビラといった形式の印刷物が生まれ、17世紀には定期的にニュース本が出版されるようになったのである。このようなニュースなどの出版が発展し、日刊新聞なども出版され労働者階級にも低価格で販売される様になったのである。つまり現在のよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。