Z1316 教科教育法情報 第二設題 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数313
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    情報技術の進展に伴い、社会全体も工業社会から情報社会へと変遷するのであるが、それは教育の場においても大きな影響もたらしたのである。その中でパラダイム転換が起きるのであるが、パラダイム転換とはその時代や分野において当然の事と考えられていた認識や思想、社会全体の価値観等が革命的・劇的に変化する事を言う。つまり社会が変化したことに伴い、学習理論や学習観も変化してきたのである。そこで本論では、学習についての様々な主張や主義をまとめ、更に比較もしていきたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報通信技術の進展は、単にコンピュータやインターネットが教室に導入されるという問題だけでなく、パラダイム転換が重要である事が指摘されています。そのときのパラダイム転換とは何を意味しているのかを批判的に考察してください。」

     情報技術の進展に伴い、社会全体も工業社会から情報社会へと変遷するのであるが、それは教育の場においても大きな影響もたらしたのである。その中でパラダイム転換が起きるのであるが、パラダイム転換とはその時代や分野において当然の事と考えられていた認識や思想、社会全体の価値観等が革命的・劇的に変化する事を言う。つまり社会が変化したことに伴い、学習理論や学習観も変化してきたのである。そこで本論では、学習についての様々な主張や主義をまとめ、更に比較もしていきたいと思う。
    第1章:学習指導要領の変遷に見るパラダイム
     戦後の復興を目指す日本の教育目標はより近代化を求められるなっていき、そこで必要とされたのが基礎学力の育成だったのである。この転換により教育は「読み・書き・計算」を中心とした系統主義へと転換したのである。その後高度経済成長を達成し、ある一定の豊かな社会を実現した事と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。