薬物療法 事前学習

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数336
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    薬物療法
    病気の治療法には手術を行う外科的な治療法、がん細胞などへ放射線を照射する放射線療法、神経・筋組織などの病変に対して物理的な刺激を用いて治療を行う物理療法、病気の原因や病状に対して薬を用いて治療を行う薬物療法、生活習慣病などで行われる食事療法などがある。これらは単独で行われることは少なく、多くの場合複数の治療法を組み合わせて治療が行われる。
    治療方法のひとつである薬物療法は医師が患者の状態を診察した結果その状態に最も適していると判断し処方した薬を用いて病気の治療や病状の緩和を行う方法である。
    その方法には原因旅法と対処療法とがある。原因療法は病気の原因となっている病原菌やウイルスなどに対して作用を発揮し、原因を駆除する(死滅させる)方法である。対処療法は病気に罹患することや病気が進行することなどによって起こる発熱や痛みなどの症状に対して、その症状を一時的に軽減・緩和させる方法である。このような薬物を用いた治療方法に対して看護師は、安全且つ最も効果的に作用が発揮されるよう援助することが必要である。
    <薬物の種類>
    ①内服薬:経口で服用する薬
    ②外用薬:皮膚や粘膜に貼付、または塗布..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。