老人保健施設オリエンテーション、実習記録

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数719
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    介護高齢者高齢化家族自立老人評価リスク認知症認知

    代表キーワード

    介護

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     今日は、実習初日ということで担当の方による施設のオリエンテーションを受けた。ここは、認知症専門棟40床、要介護老人棟40床と計80床を有し、介護老人保健施設として介護サービスを提供している。施設長である医師の医学的管理の下、看護師、介護職員に加え、医師、理学療法士、作業療法士等、リハビリテーションに特化した職種も配置されていことから、老人保健施設の目指すものが、利用者の自立や家庭復帰であることが実感できたが、実際は特養や有料老人ホームへと継ぐことが多く自立は困難であるという説明の内容からは高齢化の現状が伝わってきた。 施設では日常生活に必要な食事、入浴、排泄、レクリエーションなどの支援や介助..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。