血液検査、基準値、自己学習

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数324
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    血液検査 基準値 低値 高値 赤血球数(RBC) 男400~550万/ul
    女380~480万/ul 鉄欠乏性貧血
    悪性貧血(VB12)
    巨赤芽球貧血 多血症 ヘモグロビン(Ht) 男13~17g/dl
    女11~15g/dl
    高齢者11g/dl以下で貧血 貧血 多血症
    ヘマトクリット(Ht) 40% 貧血 多血症 白血球数(WBC) 3500~8500/ul 感染症
    肺血症、白血病 血小板 15~40万/ul 紫斑病、膠原病など自己免疫疾患、白血病
    10万以下→血小板減少症、
    3~5万→皮下出血
    3万以下→紫斑
    1万以下→臓器出血 血清検査 総タンパク(TP)
    血液の中のタンパクの量 7g/dl前後
    6.0g/dl以下は低タンパク血症
    タンパクが血液の中にない状態
    急性肝炎、肝硬変 BUN(尿素窒素)タンパク質の最終代謝産物
    血液の中の尿素の量
    尿素は、肝臓で、NH3からできる。 10~20mg/dl 肝硬変
    肝臓がうまく働かないと尿素ができない。 腎臓で濾過されていないことが考えられる。
    尿毒症、
    60mg/dl以上で腎不全 アンモニアNH3
    タンパク質の最終産物の尿素を合成する成分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。