音楽療法とは

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数555
ダウンロード数46
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    ♪音楽療法とは…
    音楽の持つ生理的、心理的、社会的働きを用いて心身の障害の回復、機能の維持改善、QOLの向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること(音楽療法学会定義)
    音楽の力は、私たちにとって心理的、生理的、あるいは社会的に影響すると言われています。 心理的には感情と記憶を刺激し、生理的には身体的に変化をもたらし、社会的には人との交流のきっかけを作ってくれる…ということです。
    活用法は、音楽を聴いたり歌ったりまたは楽器を鳴らしたりする、ほかにもリズムにのって動いたり、作曲も効果的であるとされています。 音楽を聴く事を受動的音楽療法、歌う、楽器を演奏する、動く、作曲するなどを能動的音楽療法と言います。 基本的な体験としては、受動的音楽療法はダウン症や認知症といった障害をもっている利用者すべてに応用する事ができます。 能動的音楽療法には、楽器習得は自己規律、自己能力への信頼、そして人の内的な状態が忠実に出たりする事が体験できると考えられています。
    音楽療法の歴史は古く、原始宗教、自然崇拝などの宗教の誕生と、ほぼ同じ時期に誕生したとされています。はじめは儀式や呪術に用..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。