精神科看護 自己学習

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数528
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.精神科看護
    信頼関係を築く(コミュニケーション)
    患者の言葉の背後にある意図や願望を読み取り応答する(表情・行動)
    自己洞察
    その人らしく
    人格の尊重
    観察は非常に重要な看護行為
    任意入院…本人の自由意思による入院 同意者は本人
         精神保健指定医による72時間の退院制限可能 書面告知必要
    医療保護入院…精神保健指定医による診察 同意者は保護者 書面告知必要
           本人の同意が得られにくいとき
    措置入院…自傷他害の恐れ 同意者は都道府県 書面告知必要
         指定医2名以上の診察
    応急入院…指定医の診察必要 保護者の同意がすぐ得られない場合は72時間に限る
         書面告知不要
    保護室…興奮・自傷行為・衝動行為がみられる保護・安静を必要とする患者
     
    開放病棟…患者の安全・保護が保たれる環境で安心して治療を受ける目的
         出入りが制限 病棟の出入り口には施錠 鍵は慎重・確実に行い必ず確認
         自傷行為や離院の恐れがある患者が対象
         病棟への入出室制限。病状により外出、面会、通信の行動制限がある場合は患者に説明診療録に記載の義務
         火気..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。