家庭科教育①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数805
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家庭科教育①
    1、学校における家庭科教育の意義および今後の課題
     小学校の家庭科の学習対象は、自分と家族の生活であり、毎日過ごしている家庭生活である。子ども達にとっ家庭生活は身近にあるため無意識に過ごしてしまいがちな空間でもある。自分の生活をよりよいものにするために、モノや人に働きかけ自分や家族が楽しく、健康に、快適に生活しやすいよう児童自身が変え、生活自立能力を身に着けていくことが必要である。その為教師は子どもたちが家庭科の授業が有意義だと実感を持てるような授業展開ができるように工夫をし、また保護者の協力のもと家庭科がどんな教科でいかに子どもたちに必要かを理解してもらえるよう働きかけを行う必要がある。
     家庭科教育には次の四つの教育的価値がある。①家庭生活を営む為に必要な衣食住生活や家族、家庭経営、保育などに関わる知識と実践的・体験的な学習を通して習得し、家庭や社会の一員として望ましい人間を形成する。②家庭科は家庭生活の改善向上を図る実践的な能力と態度を育成する。③実践的・体験的な活動を通して生活に対する関心を深め、創意工夫する能力を育てる。④生活技能の習得や生活の科学的認識を目指し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。