初等家庭科教育法①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数816
ダウンロード数31
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等家庭科教育法①
    1.「衣服の着用と手入れ」の内容で実践的・体験的な学習が行えるように工夫した指導例を考   
    え具体的に述べなさい
     「衣服の着用と手入れ」では、自分たちの衣生活を見直し、衣服の働きや手入れの仕方について考え、環境やエネルギーに配慮しながら工夫して日常着を着たりして気持ちよく生活できることを単元の目標とし、実践的な活動より学習させたい。
     指導例:5年生、題材:適切な衣服で気持ちよく生活しよう。教育の観点:子どもたちは様々な学習の中で「地球温暖化」や「環境問題」という言葉を知っていると共に、考えていかなければならないことであることを分かっている。自分たちに出来ることは、生活の中でのテレビや照明など目に見える電力消費に商店が当てられる。そこで身近なものにある間接エネルギーに視点を向けた学習を進めていきたい。子どもにとっては意外な発見であると思われ、その興味関心から身近な生活を見直すきっかけとしたり、環境やエネルギーの新たな見方・考え方を身につけさせたい。単元展開計画【時数:3】宿泊体験学習での衣服の着方の振り返りから、服を選ぶ時の観点に関心をもつとともに日常着の種類や..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。