麻薬虫害の問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数142
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

        麻薬虫害の問題
    目次
    1.本研究の目的
    2麻薬中毒の現状と影響
    麻薬中毒の実態
    麻薬中毒の原因
    麻薬中毒の影響
    3社会の対応とその問題点
    (1)国の政策
    (2)家族の対策
    4 今後の課題
    1本研究の目的
    最近、世界中で麻薬中毒は広がっているという傾向がある。麻薬中毒の問題と言うのは人々がたくさん麻薬を使い、麻薬の依存になると言うこ とである。しかしこの問題は現在の問題だけではなく、麻薬中毒の問題 は1701年にすでにあった(注1)。最初に麻薬は、医者が痛みを鈍 らせるために使っていった。でも使いすぎたせいで依存になった(注 2)。今その問題は特に若者に広がっている。年ごとにもう麻薬の依存 と生まれた子供の数が激しく増える一方である。
    麻薬の効果は麻薬の依存という病気になる。心理学者では「麻薬常用者 を治すことが出来ない」と言う意見がある(注3〕。もし、その病気を治 すことが出来ないならその問題を中止することが出来るかを研究したい。 また、大部分の人々は「もし、その問題は私と閨係しないならその問題を かならずしも認識することでない」と思っている。でも、その問題は麻薬 常用者の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。