川端康成の作品の美について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,124
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    川端康成の作品の美について
    序論
     筆者は「毎年の日本」という本を読んだ時「日本 の文豪の遺作」という論文を見た。それによると川端康成は「日本の2 0世紀の古 典作家」である。川端康成は美と感性を反映した作品を書き、ノーベル賞を受賞し た、偉大な作家である。それから筆者は0本人の感性を知るために川端康成の作品 が読みたくなつた。この作品を読んで、作品の中で美が含まれていることが自分で分かった。
    美というのはとても広い意味を持っている。私たちは美しい背景や、美人や、美しい関係などという表現を言えるだろう。川端康成はこの美のいろいろな面をとて も細かく自分の作品で述べる。
    この本稿の目的は川端康成の作品にいろいろな美の面が入っていることを明らか にすることである。川端康成は人並外れた敏感な感賞を働かせる。そして、何で も美を見ける。日常の生活の中でも美を観賞できると作家川端康成は私達に教え ていると思う。これはI」本の国民の一つの美的観念のあり方である。この川端康成 の「美」のテーマはすべての著作に表れている。『伊豆の踊り子』や『雪国』や 『山の音』や『眠れる美女』などにおいてこの筆者の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。