文学における天使のイメージ (外国文学・日本文学)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数14
閲覧数359
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    さまざまな宗教に天使の表象を定義する。
    それから天使とは何か、天使の階級と堕天使を見ていく。次に、日本にキリスト教の浸透することをたどり、天使のイメージの差異が生じる問題の原因を検討する。作品から具体的な例に基づいて分析する。また、天使のイメージはどういうふうに変容するかを検討する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本と西洋の文学における天使のイメージの違い
    目次
    1.序論________________________________________________________2
    2.背景説明____________________________________________________2
    3.天使のイメージの差異の問題の原因____________________________3
    4.キリスト教の真実の天使のイメージ
    4.1 天使のイメージ___________________4
    4.2 悪魔のイメージ___________________6
    5.研究した作品と著者の抄録
    5.1 日本の著者_____________________6
    5.2 ヨーロッパの著者__________________8
    6.文学における天使のイメージの比較______________9
    7.文学における天使のイメージの影響_____________10
    8.結論___________________________10
    9.注____________________________12
    10.参考文..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。