保育業界における経営戦略の傾向 委託保育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数385
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境企業小学校経営女性保育学校労働サービス

    代表キーワード

    経営保育

    資料紹介

    近年「委託保育」が何故注目されているのか?
    大きく分けて、事業所内保育と施設内保育に分類されるが、それぞれ増大の理由を見てみる。
    まず、事業所内保育において、その増加の理由として「次世代法」にあるといえる。
    「次世代法」とは、2005年に施行された「次世代育成支援対策推進法」の略語で、
    育児期にある従業員の仕事と育児の両立を支援する労働条件を企業側が提供することを目的としている。
    これにより、優秀な従業員の退職といったデメリットの軽減を図れる。
    従業員301人以上の事業主は都道府県労働局に提出が義務付けられている「一般事業主行動計画」を策定し、
    両立しやすい環境を整えている。この計画を「認定基準」の条件に沿って実行した事業主に対しては、
    国が企業に対し認定を与えることができ、企業のイメージアップ・モラルやモチベーションの向上を図ることが期待される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    無題
    近年「委託保育」が何故注目されているのか?
    大きく分けて、事業所内保育と施設内保育に分類されるが、それぞれ増大の理由を見てみる。
    まず、事業所内保育において、その増加の理由として「次世代法」にあるといえる。
    「次世代法」とは、2005年に施行された「次世代育成支援対策推進法」の略語で、
    育児期にある従業員の仕事と育児の両立を支援する労働条件を企業側が提供することを目的としている。
    これにより、優秀な従業員の退職といったデメリットの軽減を図れる。
    従業員301人以上の事業主は都道府県労働局に提出が義務付けられている「一般事業主行動計画」を策定し、
    両立しやすい環境を整えている。この計画を「認定基準」の条件に沿って実行した事業主に対しては、
    国が企業に対し認定を与えることができ、企業のイメージアップ・モラルやモチベーションの向上を図ることが期待
    される。
    図表-1 認定基準
    1 雇用環境の整備について、行動計画策定指針に照らし適切な行動計画を策定したこと
    2 行動計画の計画期間が、2年以上5年以下であること
    3 策定した行動計画を実施し、それに定めた目標を達成したこと
    4 3歳から小..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。