日大通信 マーケティング0823 分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数278
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     仕入計画の意義には統一性はなく、人によって様々な解釈がされている。しかし仕入行為とは商業者が再販売を目的として商品を購入することにあるため、製造業者の行う購買行為とは購買、買い付け、仕込み等と称されて、ここでいう仕入とは通常明確に区別して考えられる。商業者の行う仕入行為は消費者の購買目的として行われるため、仕入れるべき商品は消費者のニーズに合致したものでなければならない。この仕入行為を行うにあたって商業者は消費者志向の考え方に基づいて適正な商品を、適正な場所で、適正な時期に、適正な数量を、適正な価格で販売することを考慮して仕入活動を行わなければならない。ゆえに仕入計画において検討すべき要素としては、どの商品が適切かという商品自体に関する選定政策の問題、仕入という実際的な活動を遂行するための基本的な方針を明確化する仕入政策の問題、具体的な仕入予算の設定、仕入数量と時期の決定、仕入先をどこにするかという探索、売買契約の締結、仕入方法の決定。これらの様々な要素の組み合わせで仕入計画は決定されることとなる。仕入活動が適正に行えたかどうかは販売成績に直接に影響があるため、マーケティング活動全般..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。