商業英語 II (2) 分冊1合格 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数307
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本人はプレゼンテーションが不得手であるといわれているが、その理由をできるだけ多くあげて対応策を記述しなさい。プレゼンテーションの定義も明記しなさい。そして、プレゼンテーションを成功させるための諸条件を具体的にわかりやすく記述しなさい。自分が「プレゼンター」だったら、そのような意気込みでプレゼンテーションに臨むか?書きなさい。
    プレゼンテーションとは、ショートスピーチでとディベートがミックスされたもので、最高にドラマタイズして、所定の目標・目的に達成すべき説明・紹介・解説・説得の手法であり、ビジネス商談等の世界においてはまさに生きるか死ぬかの真剣勝負の場所と言える。かつての米露首脳会談の際、当時のクリントン米大統領がエリツィン露大統領に、「日本人はイエス・ノーが曖昧なので注意したほうがよい」と忠告したことがあった。 外交の場面において、戦後の日本は主張すべきことを主張せず、議論すべきことも曖昧な態度をとって放置してきた。そんな日本の政治家たちの態度の蓄積が、前途の言葉に繋がったようだが、主張が弱いのは政治家だけに見られる特質なのでなく、これは民族的性格の一つと言っていいだろう。日本人の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。