商業政策 分冊1 合格 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数252
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    マネジリアル・マーケティングの本質とされる管理不能変数と管理可能変数の関連を述べ、新しいビジネス・モデルとしての「ディスマーケティング・・・売らないマーケティング」について論じなさい。
    マーケティング論では、事業組織あるいは個人を取り巻く外部環境変化を管理不能変数と言っている。このコンセプトはアメリカのマーケティング学者E.J.マッカーシーによって集大成された。彼はこのコンセプトをマネジリアルマーケティングと言い表している。管理不能変数には外部環境だけでなく、その企業の経営資源が含まれており、経営資源は人、物、金と言われている。しかし、一番重要な経営資源は人、つまり人材である。この人材という経営資源は短期の視点では、管理不能変数なのである。マッカーシーの言う管理不能変数には、技術革新の要素が抜けており、現実の事業経営では、技術の改革が重要な変数となっている。技術革新も、また、管理不能なのである。技術革新は事業組織内部でも発生する。その場合は、管理は可能となる。そのような要因を勘案して、技術革新を外部環境変化に入れなかったとも考えられる。しかし、実際のマーケティング戦略では、技術革新はグ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。