商学総論 分冊2 合格 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数301
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小売り商業のチェーン化について説明しなさい。
     通常、チェーン・ストアという場合、一つの企業が二つの店舗を経営すること、多店舗展開をする企業形態を意味している。わが国ではいまだ統一的な概念規定は存在していないが、日本チェーン・ストア協会は11店舗以上又は年商10億円以上を指し、諸外国でも11店舗程度を基準とする国が多くなっている。チェーン・ストアは、運営方式にかかわる概念であり、本部機能の集中と販売機能の分散をいい、流通機能の分化に伴って重要性を増してきた小売商業形態である。その特性は、百貨店とは本質的に異なり、下記3点にまとめられる。
    ①単一資本の企業が分散している多数の店舗を中央集中的に管理・運営する小売形態であること。②各店舗が価格に意識的な消費者を対象として食料品、衣料品、日用品などの定型化、標準化された同カテゴリに属する比較的値段の安い日常生活必需品について、大量販売体制を採用していること。③地域分散的消費に対応するために、多数の比較的小規模な店舗を地方都市や郊外に空間的に分散している。よって、チェーン・ストアはチェーン・オペレーションを展開することによって、規模、分業、シス..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。