商学総論 分冊1 合格 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数378
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「流通の生成とその発展について」
     流通の本質的要素を、商品の社会的移転に求めるとするならば、商品の人格的移転は古代経済時代にその原初的及び先駆的形態をみることができる。原始社会では血縁的集団としての原始的共同体単位で生産から消費に至るまでの経済循環を形成しており、交換という概念もなかった。生産様式の基本構造は、共同の土地を融資、共同の経済を営み、共同の権利保護団体を形成していたために、経済単位内で生産された生産物は、経済単位内で消費され、経済単位内で消費される生産物は。経済単位内で生産されていた。よって、ここでは交換を欠き、純然たる自己生産となっていたため、生産より賞御日への経済の全循環が閉鎖された範囲内で簡潔されていたために、共同的所有あるいは共有財産性を原則とした財産の私有はなく、家族間での交換現象は見られず、交換の必要性、交換の概念も存在していなかった。自給自足経済下では、分配も流通も行われず、生産・所有・消費という関係が成立しており、生産と消費は同一の経済単位内に帰一し、生産者と消費者は経済的に同一人格であった。
     しかし、経済生活が発展するにつれ、自然的ないし文化的条件の異..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。