商品学 分冊2 合格 評価B

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数117
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    商品と市場の安全性について説明しなさい。
     現代社会はリスク社会と呼ばれ、消費生活を円滑に維持するためには、商品や市場システムの安全性確保は大切な課題となっている。というのも、近日、食品や住宅の安全性確保の従前の仕組みや国による諸制度の限界が次第にクローズアップされる中で、これまで概して効率的であり適正であるとされていた市場の分業システムや民間への公的事業の振り分けのあり方に起因すると思われる市場システムの落とし穴が、改めて露呈してきている事実があるからである。
     商品の安全性を確保することは、消費者の暮らしを守るための重要な課題といえる。消費者保護の観点からすれば、商品による危害を防止することで、暮らしの安全を保つ事ができる(消費者の保護)。また、安全性の高い商品は、危害や故障に対する経済的・身体的・精神的な負担が軽いため、商品使用の合理化を図る事ができる(産業の発展)。また、産業の面では、安全性を高めるための品質改良によって企業の技術レベルが工場していくと同時に、工場などの労働環境の安全性も高められていく。それによって、より高い技術レベルでの企業間競争が進み、産業全体が発展していく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。