観光事業論 分冊1 合格 評価A

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数450
ダウンロード数24
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    観光事業の目的と役割を踏まえて、観光事業の特色を指摘しなさい。
    事業主体には、営利を目的とする個人・各種団体・民間企業だけでなく、営利を優先しない公企業、各種協同組合および非営利組織などが含まれる。事業の特色として、第一にその目的が既存顧客を満足させ、新規顧客を戦略的に創出することである。第二に、最終的には営利を獲得するとはいえ、営利はあくまでも事業存続のための糧であって、本来、公共性の高い事業は、社会性、透明性、公平性、および便利性が求められることである。第三に、一般に経済活動の場所的単位として事業所(会社・事務所・営業所・商店・旅館など)を設置し、あるいは施設を建設し、その構成員によって、技術革新、製品などの規格・開発、原材料の仕入れ、生産、営業、販売、およびサービスなどを導入、実行し提供することである。こうした特色をもつ事業は、以下のように大別される。
    公的事業、私的事業
    地域事業(局地事業・地方事業)、国家事業、国際事業、多国籍事業、地球規模事業
    継続(既存)事業、新規事業
    観光事業は、サービス産業としての観光産業を、主として組織の担い手として私的観光関連事業者によって具現化し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。