債権総則授業メモ

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数273
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    債権の授業を自分なりに分かりやすくまとめたものです。
    これを持って授業に臨めば、よく当てる先生にも胸を張って答えられると思います。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    債権
     A (商品) → B AはBに対し、代金の請求が出来る
     A ← (代金) B BはAに対し、商品引き渡しを請求出来る。 (民法 第555条)
     債権とは、特定の人が特定の人に一定の行為(給付)を請求できる権利のこと。
     ※ 逆に物権は、一定の者を直接支配し、その利益を排他的に享受しうる権利。
    所有権(民法 第206条)など
    民法での債権の規定分類
     民法の債権編では、総則、契約、事務管理、不当利得、不法行為と規定している。
     債権の発生する原因
      法律行為から生じる場合と法律から直接生じる場合の二通りがある。
    法理行為は単独行為・契約・合同行為の三つに分かれる。
     法律から生じる場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。