債権各論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数159
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    民法法律目的契約債務地震債権売買品質種類

    代表キーワード

    民法

    資料紹介

    債権各論の売買における例題
     特定物と不特定物、種類物の問題

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    100万円の中古バイクを目的物とした売買契約を買主Y、売主Xの間で締結した。契約締結は6月1日で、6月15日に買主Yが売主Xの元へバイクを引き取りに行く形で引渡の内容が同意された。
    (1)6月5日に津波が発生し、バイクが流されて無くなってしまった場合のXYの法律関係
    (2)6月10日に地震が発生し、バイクのエンジンが動かなくなった。エンジンの修理費用は30万円で、修理していない状態のバイクは60万円の価値になる。この時のXYの法律関係
    (3) (1)の目的物が新品のバイクだった場合の、XYの法律関係



    (1)
     まず、本件売買契約は中古のバイクという他の物に代替出来ない性質..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。