[消化器] 内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数858
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    治療疾患
    総胆管結石
    方法
    内視鏡的逆行性膵胆管造影法(ERCP)の技術を応用した治療手技であり、通常は、胆管・膵管の造影を行なった後に追加される。
    ERCPと同様の手技で乳頭切開用の電気メス(スフィンクテロトーム)を乳頭内に挿入し、通電して切開を行なう。ERCPに用いたガイドワイヤーに沿って挿入できるスフィンクテロトームもある。続いてバルンカテーテルやバスケットカテーテルを用いて結石を除去する。術後の膵炎を予防するためにドレナージチューブやステントを留置することがある。
    ESTの偶発症
    術後膵炎:最も注意すべき偶発症であり、発生頻度は0,40~5.41%と報告されている。臨床症状、理学所見、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。