[循環器] 大動脈瘤

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数387
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    看護事前学習実習循環器

    代表キーワード

    循環器大動脈瘤

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    大動脈瘤
    動脈の直径が正常範囲を超えて拡大している場合、これを動脈瘤(aneurysm)とよぶ。動脈壁の全層が拡張したものを真性動脈瘤という。動脈瘤の形には紡錘状のものや一部が突出した嚢状のものがある。また、発生した部位により、上行、弓部、下行(胸部)、胸腹部、腹部大動脈瘤などに分けられる。腹部大動脈瘤のことをAAA(abdominal aortic aneurysm)、胸部大動脈瘤のことをTAA(thoracic aortic aneurysm)と省略するが臨床の現場ではこれらの略語がしばしば使われる。
    動脈瘤を有する患者の最終的な運命は、破裂による出血死である。瘤は毎年直径の10%ずつ拡大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。