[循環器] 経皮的冠動脈インターベンションを受ける患者の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,112
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経皮的冠動脈インターベンションを受ける患者の看護
    Ⅰ 経皮的冠動脈インターベンションの理解
    1.経皮的冠動脈インターベンションが適応となる疾患
    経皮的冠動脈インターベンション(PCI)は、心疾患の治療の中心をなす方法である。PCIには、大別して、3種類の手法がある。1つは、経皮的経管的冠動脈形成術(PTCA)と呼ばれ冠動脈の狭窄部位にカテーテルを挿入し、そこでカテーテルの先端についた風船を膨らませ、狭窄部位を押し広げる方法である。
    近年PTCAより普及拡大してきたのが、狭窄部位にステントを留置する方法である。再狭窄を予防する薬剤溶出性のステントを使用することもある。また、アテレクトミーという冠..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。