便器による援助

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数7
閲覧数484
ダウンロード数51
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    目的
    ①排便欲求の充足
    ②安心で安楽な排便
    ③排便リズム失調の防止④便の観察
    必要物品
    ①便器,②便器カバー,③便器パツド(必要時),④防水布,⑤ちり紙,⑥綿毛布(タオルケット),
    ⑦洗面器湯,夕オル(おしぼり),⑧スクリーン(必要時),⑨尿器(男性の場合)
    ポイント
    患者の状態,好み,寝具(ベッド,布団,マントレス)の状態,予測される排泄量と便の状態を考慮した便器の選択
    便意があれば我慢させずにすぐに行う迅速性
    患者が安心して安楽に排泄するための,手際良い動作と正確な手技,プライバシーの保護
    自然な排便姿勢に近い姿勢
    注意点
    ①仙骨部に褥創(瘡)がある患者:褥創(瘡)を保護し,便器パッドやゴム製便器を使用する.
    ②痩せた患者,皮膚の弱い患者:便器パッドを用い,皮膚を保護する.
    Ⅰ.患者が殿部を挙上できる場合
    1.必要物品の準備
    ①便器を温める
    ●便器は蒸気または湯で全体を温める
    ○寒気や不快感を感じさせないため
    ②便器についている水分を拭き取る
    ③便器の底にちり紙を敷く
    ●ちり紙は2~3枚
    ○排泄時の消音と,便器に便がこびりつくのを防ぐため
    ○排泄物の飛散予防のため
    2.必要物品を患..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。