体温測定

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数957
ダウンロード数70
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    目的
    ①発熱状態を知る.
    ②他のバイタルサインと比較する.
    ③疾患の治療の経過や治療の効果を知る手がかりとする.
    必要物品
    ①体温計,②筆記用具(メモと鉛筆),③時計,④アルコール綿
    ポイント
    経過観察では,同じ種類の体温計を用いて、同じ部位で測定する
    各測定部位において最も高い温度が得られる位置に体温計を正しく挿入する
    体温に影響を与える生理的な変動因子(年齢,環境:温度,食事,運動,睡眠,入浴など)を踏まえて測定結果を判断する
    禁忌・注意点
    1)測定部位に適した体温計を選択する.
    2)使用する前に破損がないか確認する.
    ①水銀体温計:破損の有無と目盛り35℃以下に水銀が降りていることを確認する.
    ②電子体温計:破損の有無と電池切れのないことを確認する.
    3)最高の温度が測定されるように測定部位および測定時間.方法を守る。
    4)麻痺などがある場合の測定は,健側で行う.
    5)禁忌
    ①腋窩での測定は.麻痺側.側臥位の下側では行わない.
    ②口腔での測定は,乳幼児,意識のない場合,精神不穏の場合,痴呆のある場合や口腔内に損傷がある場合また,口腔内で体温計を保持できない場合(呼吸困難,鼻閉,激..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。