寝衣の交換

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数5,144
ダウンロード数97
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    目的
    患者の寝衣を交換することによって身体の清潔を保ち,爽快感を与える.
    必要物品
    ①清潔な寝衣,②綿毛布またはタオルケット,③洗濯袋
    ポイント
    患者の皮膚を露出するので,室温の調整を行い,保温とプライバシーの保護に留意する
    衣服着脱時の原則を守る.健側より脱がせ,患側より箔せる
    四肢を動かすときは,疼痛部位や障害のある部位に十分注意し,不必要な苦痛や不快感を患者に感じさせない
    体位変換は最少で行い,疲労させない
    交換する寝衣は,支障がない限り患者の好みを優先する
    Ⅰ.和式寝衣の交換(看護師1人または2人で行う場合)
    1.患者の状態把握と説明を行う
    ①患者の状態を把握し,方法を決定する
    ②患者に説明し,排泄の有無を確認する
    ●安静度,着脱能力の程度,疼痛などの部位や程度,麻痺などの機能障害の有無,体動可能な範囲,チューブ類の有無などを把握し,寝衣の着脱方法を決定する
    ●寝衣を交換することを伝え,了解を得る
    ○着脱しやすい手前側から行うが,疼痛や機能障害がある場合は,健側から脱がせ,患側から着せる
    2必要物品を準備する
    ●清潔な寝衣と綿毛布を床頭台に置く
    ○清拭などを行う場合はそれらに必..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。