食事介助

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数1,694
ダウンロード数111
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    目的
    食事動作が自力では困難な患者に,個々のニーズに適した方法で食事摂取を介助することにより,必要な栄養や水分を摂取し,食事に対する満足感や残存機能を効果的に生かして自立への意欲をもたせる.
    必要物品
    ①食膳,②食事用具(箸,スプーン,フオーク,ストロー,コップまたは吸い飲み),③手拭きタオル,
    ④ナプキン,フェースタオルまたは食事用エプロン,⑤体位を支持するための枕
    ポイント
    食事動作が困難なときに行う
    生命維持に必要なエネルギー,栄養素を確保する
    食事動作および摂食・嚥下の自立に向けて介助する
    食欲と随伴する食の楽しみを満たす
    介助者や他の患者と行動を共有することでの連帯感を大切にする
    食事摂取に伴うリスクを防止する
    注意点
    ①食事動作に問題がなくても,以下のような場合には食事介助を要するので,患者の病状を正しく把握し,適切な援助を実施する.
    ・視力障害のある患者および眼科術後の患者・失行,失認など高次脳機能障害のある患者.認知症,抑うつ.幻覚,妄想・せん妄など精神症状のある患者
    ・拒食のある息者
    ②特殊な食事用具や自助具の活用
    食事は人間の生活に欠かせない楽しみの一つである.食事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。