呼吸測定

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数3
閲覧数4,688
ダウンロード数83
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    目的
    呼吸器の状態を知る手がかりとする.
    必要物品
    ①秒針付き時計あるいはストップウォッチ,②聴診器,③バスタオル,④メモと鉛筆
    ポイント
    呼吸数,深さ,リズムや異常呼吸の有無,胸郭の状態や表情,体位,チアノーゼの有無を観察する
    呼吸数の観察では,呼吸測定をしていることを気づかれないように工夫し,胸郭や腹壁の動きをみて,1分間測定する
    呼吸音を聴取する場合は,前胸部,背部とともに左右対称に聴診する
    他のバイタルサインと関連させて判断する
    禁忌・注意点
    ①呼吸数の測定は患者の安静時に行い,患者に測定していることを意識させない.
    ②意識的に呼吸を変化させていないことを確認する.
    ③聴診のために静かで室内が明るく温かくなるように環境を整える.
    ④呼吸音の聴診では,高調な音を聞き取りやすいベル型の聴診器を用いる.
    ⑤聴診器の採音部は,強く押さえつけすぎないようにし,密着固定する.
    ⑥患者の体位,呼吸の仕方などにより呼吸音は,変化する.
    Ⅰ.呼吸を測定する
    1.呼吸数を1分間数える
    ●患者が意識しないようにバイタルサイン測定時は,脈拍測定に続いて行うとよい
    ○呼吸筋は随意筋であり意識的に変化させ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。