血圧測定

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数5
閲覧数1,006
ダウンロード数66
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    目的
    心臓および循環器系に影響する身体の異常の有無を知る手がかりとする.
    必要物品
    ①血圧計,②聴診器③メモと鉛筆,④アルコール綿
    ポイント
    血圧の生理的変動因子(食事,排泄,運動,興奮,気温など)の影響を取り除く
    点検した血圧計,聴診器を用いる
    測定部位に合った幅のマンシェットを選ぶ
    マンシェットを正しく巻く
    測定時の加圧・滅圧は徐々に行う
    禁忌・注意点
    ①気温による血管の収縮・拡張を避けるために室温を寒くないよう,また暑すぎないよう室温を20℃前後に調整する.
    ②10~15分安静にしてから測定し,体位や労作による変動を避ける.
    ③マンシェットの幅は,測定部位の円周40%を目安とする.
    ④麻痺などのある場合は,健側で測定する.
    ⑤連続して測定するときは,条件を揃える(測定部位,体位,時間など).
    ⑥測定部位と心臓と血圧計の0点を同じ高さにし,水銀柱が垂直になるように置く.
    ⑦マンシェットの中のゴム嚢の中央が測定する動脈の真上にくるように巻く.
    ⑧一般にマンシェットは,右上腕で測定するようにできている.左上腕で測定する場合は,ゴム管が聴診器を当てるのに邪魔となるのでマンシェットを巻くと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。