安楽な体位と体位変換

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数8
閲覧数6,958
ダウンロード数141
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    安楽な体位のとり方(仰臥位)
    目的
    安楽な体位は,患者が安静臥床している状態をできる限り安楽に休めるように,体の空間の部分の補正をし安楽を図ることを目的とする。
    必要物品
    ①安楽枕(大・中・小)各必要数,②バスタオル,③フェースタオル
    ポイント
    必ず声をかけて,現在臥床に使用している掛け物をはずしてから行う
    どの体位でも患者の体の観察を行い,ベッドとの間との空間があるかを確認する
    患者の身体の屈曲している部分に看護師の手を挿入して確認する
    患者の身体とベッドの空間の部分を補正していく
    (1)両肩の部分,(2)腰部,(3)両上肢,(4)両膝下部
    圧迫部位の確認
    仙骨部,殿部,踵部,両肩甲骨部
    注意
    食直後のベッドの安静の保持は,1時間くらいは避け,患者を仰臥位にして少しベッドアップして様子をみてから行う.
    1.患者に声をかける
    2.いまの体位の苦痛部分の確認を行う
    ●いま圧迫されている部位の確認
    ○褥瘡をつくらないため
    3.皮膚の圧迫部位の確認
    ●体の圧追部位の大きさの確認
    ○圧迫部位:踵部,仙骨部,肘頭部,肩甲骨部,後頭部
    4.体位をとり空間がある部分の確認
    ●患者とベッドの空間がある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。