罨法

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数6
閲覧数598
ダウンロード数60
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1.温熱刺激
    作用
    温熱刺激とは,温めることによって血管を拡張させ,血流を増加させる。また,浸出液の吸収を早め神経への圧迫を軽減させる.それによって痛みを軽減させることができる。
    禁忌
    ①急性炎症や外傷の治療初期(化膿を早めるため).
    ②治療部位に悪性腫瘍があるとき(転移を早めるため)。
    ③出血傾向が強いとき(出血を促進させる).
    ④多発性硬化症の悪化,蕁麻疹の発生).
    2.冷却刺激
    作用
    冷却刺激とは,冷やすことによって血管を収縮させ血流を減少させる.それによって浮腫の軽減,痛覚の域値の上昇,機能の抑制,細菌活動の抑制などに作用する.したがって,痛みを軽減させ局所の炎症・化膿を防止することができる.
    禁忌
    ①寒冷アレルギー,レイノー現象をもつ患者(症状を悪化させるため).
    ②損傷の治癒過程がかなり進んでいるとき(かえって損傷を与えてしまうことがある).
    ポイント
    患者の年齢・状態に合わせた罨法を正確に判断し行うこと
    常に患者の安全・安楽を念頭におき適切な方法で行うこと
    罨法を行っている際の観察を怠らないこと
    罨法の効果が十分にみられたら使用を速やかに中止すること
    湯たんぽ
    目的
    ①皮..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。