小児のバイタルサイン測定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数3,633
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どものバイタルサイン測定、身体計測看護技術
    人は、胎児期から老年期へと生涯にわたり発達していく存在である。その人を身体的・心理的・社会的側面から理解し、健康状態を包括的にアセスメントしていくことが必要である。子どものヘルス・アセスメントをすることは、子どもの健康状態を情報収集→分析→解釈→統合していくアセスメントプロセスである。また、子どもとその家族の健康の維持増進や健康回復への援助に向けて、子どもの状態を正しく把握することが重要である。
    ナーシングポイント
    発達段階別に子どもの基準値を把握する
    観察力と測定技術を身に付け、安全・安楽に留意し正確に測定する
    子どもの健康状態をアセスメントし、援助することができる
    1.子どものバイタルサイン測定
    バイタルサイン測定を行う前の基礎知識
    バイタルサインとは、"人"が生きている状態を示す徴候(生命徴候)、所見である。
    年少になればなるほど訴えが不明確なことがあり、一般状態の把握および異常の早期発見が重要となる。
    発達段階別に子どもの基準値を把握する。
    観察力と測定技術を身に付け、正確に測定する。
    乳幼児の体温調節機能は不十分で、環境により変動..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。