子どもの呼吸を楽にする援助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数816
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもの呼吸を楽にする援助
    子どもの呼吸とは
    呼吸は主として、体内に酸素を取り入れながら代謝を行い、その結果生じた二酸化炭素を体外に出すことである。子どもの呼吸の特徴は、まず、成人と比較して肺容量が小さいため隣接している組織が密で、悪化すると波及が速く、広範囲に影響を及ぼしやすい。次に、気道内の気流抵抗は管の半径の4乗に反比例するので、気道半径が1/2になると抵抗は成人の16倍となる。このため、気道がわずかに狭くなっても強い気道閉塞の症状をきたしやすい。さらに、感染に対する防御機構が'未熟なため感染しやすい。そして、子どもの胸郭は円筒状で、肋骨の走り方が胸壁に対しほぼ水平なため呼吸筋の運動が十分でない、といった解剖学的特徴がある。
    乳幼児の場合、自覚症状を言葉で的確に表現することが困難なため他覚的に判断していくことが重要となり、子どもの呼吸についての知識と注意深い観察が要求される。
    さらに、症状の程度によっては生命を脅かすこともあるため、迅速な対応が必要となる。
    ナーシングポイント
    子どもの呼吸に関する特徴がわかる
    子どもの呼吸を楽にするための原理と方法がわかる
    子どもの呼吸を楽にする..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。