子どもに薬を用いることへの援助

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数236
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    子どもに薬を用いることへの援助
    ナーシングポイント
    子どもの身体的・精神的ストレスを最小限にする
    子どもの状態(成長・発達・アレルギーの有無
    過去の内服経験・家庭での内服方法・内服への思い、など)について把握する
    子どもに合わせた安全な方法を計画する
    親が子どもを支持できるように、親が子どもに薬を用いることを受け入れられるように援助する
    安全・安楽に、かつ的確に終了し、円滑に正確な結果を得る
    子どもに用いられる薬剤の性質・作用・副作用について理解し、具体的な観察方法や対処を確認する
    薬物の吸収時間・薬物代謝の発達・腎臓からの排泄能力・小児の薬用量の目安(Aug-sbergerの式、Friedの式、Hamackや中山の式など)に関する知識をもつ
    3度の確認、5つのR(Rightdrug:正しい薬剤、Rightdose:正しい量、Rightroute:正しい方法、Righttime:正しい時間、Rightpatient:正しい患者)を確認する
    1.経ロ
    目的
    薬物を消化管から吸収させ、血行を通して作用させる。薬物を消化管自体、あるいは消化管内容に作用させることにより、疾病の予防、治療、症状..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。